全球科研项目数据库

更多> 共收录数据:44,953,793 今日更新项目:39,049
  • 1.
    主持人:刘宇轩
    资助金额:25.00万元人民币
    月表撞击坑的识别一直是月表形貌学研究的重点和难点问题,本项目提出的基于DEM的撞击坑识别方法在识别的精度、内容范围和准确率上较常规研究方法有望提高。本研究首先对国内外基于DEM数据进行撞击坑识别的原理和方法进行调研,收集4-500米分辨率的月球地形地貌数据;同时通过撞击坑形态特征研究,在理论上实现撞击坑的几何形态学特征模型、坑壁和坑缘的形态学特征识别与撞击坑类型识别因子的定义;其次在等高线加密法的基础上,利用多分辨率DEM数据,开展撞击坑几何形态学因子识别方法研究;再利用坑缘两侧高程、坡度、曲率与坑缘的关系,建立坑缘识别方法和指标体系,实现对撞击坑边缘精确识别;最后根据坑底几何形态学因子,研究简单撞击坑、多环撞击坑、中央锥撞击坑识别方法和体系以及对识别的最佳尺度与精度进行评价。本研究采用新数据结合新方法的形式为长期困扰识别月球撞击坑提供一种新的途径,最终实现对撞击坑准确边缘和类型的识别。
    ...
  • 2.
    主持人:吴宗宪
    资助金额:809.00千元台币
    总计划因应台湾民众忙于工作而渐渐失去幸福感之时,家人关怀将扮演提供更多的家人或朋友之间互动重要的角色。本计昼之研究将着重于如何利用情感计算、对话系统、 行为规律分析、音乐推荐、个人化文件推荐以及个人化表达性语音合成,发展一多模式情感互动关怀环境,以提供一多模式的情感分享与互动管道。本计昼拟应用语音与文字于情感互动以建立一架构于云端运算之家人关怀系统,发展多模式输入、情绪识别、对话与聊天、生活品质与异常预警以及包括文字、音乐与语音的多样化安抚与回馈环境,以提供家人在工作之余仍然感受到幸福。本计昼整合资讯科技中语音相关技术、自然语言处理、语言学、音韵学以及心灵照护等不同领域之专业学门。本三年期整合型计昼包括六个子计昼,第一年应用各子计昼过去之研究成果以发展相关技术、建立一私有云和文字与语音语料共享系统;第二年进行子计昼整合,并提出个人化安抚与回馈决策机制;第三年则以进行具体整合的实验测试及研发具实用性的家人关怀系统。本计划之完成将可提供具实用性的情感互动于云端家人关怀系统,以增进台湾民众的幸福感和追求更佳的生活品质,进而促进国内产学界研发相关科技。
    ...
  • 3.
    资助金额:322364.00美元
    PROJECT SUMMARY Helicobacter pylori is a human gastric pathogen that colonizes half the world's population and causes a wide range of diseases including gastritis, ulcers, and cancer. The distribution of the bacteria in the stomach is correlated with disease outcomes, but the factors that determine this distribution are unknown. We hypothesize that chemotaxis, the ability of bacteria to sense and orient their movement in response to chemical gradients in their environment, is a key determinant of H. pylori distribution in the stomach. H. pylori is ideally suited for testing the role of bacterial chemotaxis in tissue distribution, because it has a simple chemotaxis system with only three core chemoreceptors and it colonizes an organ with extreme chemical gradients. This proposal builds on our novel insights into the ligands and sensing mechanisms of H. pylori chemoreceptors. In this proposal, we will use structural, biophysical, and biochemical approaches to understand the precise mechanisms by which H. pylori chemoreceptors sense three key chemicals that define three important axes in the stomach environment: urea (secreted from the gastric epithelium, defining the epithelial to luminal axis), the bacterial-produced quorum sensing molecule autoinducer-2 (defining regions of high bacterial density in the gastric glands versus the overlying mucosa), and acid (produced by the parietal cells in the anterior corpus region, defining the corpus to antrum, as well as the epithelial to luminal axis in the corpus). We have engineered mutant H. pylori that are specifically defective in sensing one of these three chemicals and we have developed highly sensitive assays for quantifying H. pylori chemotactic responses. We will use these existing mutants, and others that we engineer based on our new insights into the chemosensing mechanisms, to understand how H. pylori cells organize themselves in response to chemical signals on cultured epithelial monolayers and during infection of the mouse stomach. Knowledge gained from these studies will lead to new strategies for preventing and treating H. pylori infections by altering the bacteria's distribution in the stomach. More generally, these studies will provide novel insights into how bacterial pathogens perceive and navigate the host environment, knowledge which will be crucial for designing the next generation of antibiotics that specifically target within-host properties of bacterial invaders.
    ...
  • 4.
    主持人:LOOS, RUTH JF
    资助金额:579504.00美元
    Obesity is a major risk factor for a number of metabolic and cardiovascular complications. However, a substantial proportion of obese individuals are protected from cardiometabolic complications, despite their excess adiposity (the so-called metabolically healthy obese, MHO). Conversely, not all normal weight individuals are metabolically healthy, despite being lean (the metabolically obese normal weight, MONW). The physiological mechanisms that determine why some obese individuals are protected, and why some normal weight individuals are at risk, are poorly understood, because clinical studies are often too small and methods to test presumed pathways involved are too invasive. Identifying genes and the pathways in which they are implicated provides an alternative strategy to elucidate the biology that underlies the MHO and MONW. Genome-wide association studies (GWAS) have so far identified >300 loci for obesity traits. However, these loci have provided only limited insight into the mechanisms that link obesity and its complications, because the GWAS examine each trait in isolation and ignore the fact that obesity is a heterogeneous clinical condition. Therefore, we propose to [1] perform a multi-trait genome-wide search for obesity-increasing loci with protective effects on cardiometabolic traits and vice versa, [2] prioritize candidate genes within identified loci, and [3] functionally characterize prioritized candidate genes in model systems. Specifically, we apply two complementary discovery approaches. In the first approach (Aim 1a), we perform multi-trait correlated meta-analyses that combine summary statistics of adiposity and cardiometabolic GWAS from large-scale genetic consortia and the UK Biobank (Ntotal~840,000). We aim to identify SNPs simultaneously associated with increased adiposity and a favorable cardiometabolic risk profile, and vice versa. In the second approach (Aim 1b), we use individual-level data from the UKBiobank (N~500,000) to perform GWAS on new outcomes derived from the difference between a cardiometabolic and an adiposity trait. Next, we prioritize the most likely candidate genes in identified loci and the most relevant tissues using functional annotation pipelines (Aim 2a) and high-throughput screens in transgenic CRISPR-Cas9-based zebrafish model systems (Aim 2b). Lastly, we investigate the functional impact of prioritized genes using CRISPR-Cas9 in human-induced pluripotent stem cells (hiPSCs) differentiated into relevant cell types (Aim 3a) and tissue-specific transcriptomic analyses in transgenic zebrafish model systems (Aim 3b). Our focus on obesity-associated loci with protective effects on health (and vice versa) is unique and targets a biology that has not been accessed with single-trait GWAS. Our approaches that use model systems to prioritize and characterize genes are innovative and will provide the critical insights needed for in-depth follow- up in murine models and clinical studies. Some identified genes may point towards actionable targets for the prevention and treatment of obesity and its complications with clinical impact for the general population.
    ...
  • 5.
    Цель данного проекта-разработка комплексной теории спиновой динамики электронов,экситонов и трионов,а также ядер основной решетки в полупроводниковых наносистемах,главным образом,в квантовых точках и нанокристаллах,выращенных на основе полупроводниковых соединений III-V,II-VI и элементарных полупроводников Si,Ge. Основные направления исследований: 1теория управления электронными спинами с помощью поляризованных импульсов света, 2управление ядерной спиновой поляризацией в условиях оптической ориентации электронных спинов,эффект синхронизации мод спиновой прецессии электронов, 3теория оптической ориентации и контроля спинами в наноструктурах на основе полупроводников IV группы, 4спиновый эффект Фарадея,индуцированный электронами и ядрами решетки, 5теория тонкой структуры энергетического спектра и динамики спинов в коллоидных нанокристаллах CdSe/CdS и нанопластинах из материалов II-VI, 6спиновые флуктуации электронов в сильных электрических полях и флуктуации спинов ядер решетки, 7спиновые свойства плазмон-экситонных систем.
    ...
  • 6.
    В последние годы в развитых и развивающихся странах в значительной степени увеличилась распространенность заболеваний,связанных с нарушением функционирования жировой ткани.Ожирение в настоящее время настолько распространено,что по данным исследований,более 20%населения Земли страдает в той или иной форме ожирением или проблемами с лишним весом.Поддержание здорового состояния жировой ткани требует постоянной активности особого пула постнатальных стволовых клеток-мезенхимных стромальных/стволовых клеток(МСК).Будучи прогениторными клетками жировой ткани,МСК обуславливают,с одной стороны,клеточное обновление,с другой стороны,способность жировой ткани к увеличению объема и запасанию дополнительных питательных веществ.В свою очередь,развитие метаболического синдрома обусловлено нарушением способности прогениторных клеток жировой ткани дифференцироваться в адипоциты.В настоящее время считается,что патологические изменения,обусловливающие сниженную способность клеток к дифференцировке,затрагивают всю популяцию прогениторных клеток.Поэтому большинство исследований сфокусировано на поиске нарушений во внутриклеточной сигнализации/регуляции экспрессии белков в большинстве клеток популяции МСК. Однако данные последних 2-3 лет,в том числе,полученные в нашей лаборатории,свидетельствуют о том,популяция МСК представляет собой крайне гетерогенную культуру.Мы показали,что в ее состав входят субпопуляции клеток,различные на функциональном уровне и по чувствительности к гормонам-регуляторам.При этом,клетка,воспроизводимо отвечающая на один гормон,оказывается нечувствительной к другим гормонам.В соответствии с нашими предварительными данными,мы предположили,что изменения,обусловливающие патологическую реакцию всей ткани,могут быть связаны лишь с небольшой частью популяции.Действительно,ранее в работе Schwalie,Nature,2018 было установлено,что популяция прогениторных клеток жировой ткани содержит небольшую регуляторную субпопуляцию клеток,способную изменять уровень дифференцировки других клеток популяции путем продукции паракринных факторов.Таким образом,мы предполагаем,что прогениторные клетки жировой ткани содержат небольшую субпопуляцию,которая"транслирует"влияние того или иного гормона соседним клеткам,переводя эндокринный гормональный сигнал в спектр паракринных факторов.В настоящей работе мы изучим функциональные свойства субпопуляции МСК,несущих на своей поверхности рецептор к инсулину-ключевому регулятору функций жировой ткани.Мы предполагаем,что именно эти клетки обуславливают ответ целой популяции МСК на про-и анти-адипогенные сигналы,и,как следствие,здоровое функционирование и обновление жировой ткани.Результаты,полученные в ходе выполнения задач настоящего проекта,позволят не только описать принципиально новый механизм контроля гормональной чувствительности в ткани,но и найти новые перспективные мишени для терапии сахарного диабета и восстановления чувствительности к инсулину.
    ...
  • 7.
    资助金额:4160000.00日元
    当初の研究計画では、集団内の他者と集団外の他者(人間 VS. ロボット)を比較する予定であったが、昨年度に行った研究では、ロボットに対する子どもの態度が予測していたものとは異なることがわかった。幼児期におけるロボット認識に関する研究はまだ多く実施されておらず、研究計画時に子どもの反応を予測することは難しかった。 一方で、ヒト型ロボットは、今後、子どもの教育や養育に用いられる可能性が高く、幼児のロボット認識については、今後も様々な方面からの研究が必要である。そこで今年度は、、集団内外の設定にこだわらず、ロボットが自分自身のポジティブな側面とネガティブな側面について、3歳児と5歳児が気遣いを示すか調べた。また、当初は予定していないかったロボットに対する男の子バイスについても、発展的な研究も行った。 こうした研究を通し、今後は、たとえばロボットに対する親近感を高めた後に、ロボットに対する気遣いが変わるかなど、子どもががロボットに対してどのようなシチュエーションで親近感を抱きやすくなるのかについて調べる必要性も新たに出てきた。 当初の計画とはと少し研究内容が異なるが、本研究を通し、幼児におけるロボット認識は徐々に明らかになってきており、研究は概ね順調に進展しているといえる。 本研究は、集団内・外の他者に対し、子どもが気遣いや信頼からロボットや大人の質問に「はい」と答える傾向(肯定バイアス)を示すか検討するものである。しかし前年度の研究で、幼児はロボットが集団内・集団外のどちらであったとしても、気遣いから事実に反する質問(たとえば、赤いリンゴについて「これは緑?」と聞く)に肯定バイアスを示さない可能性が示唆された。 そこで2019年度は、ロボットが自分自身について聞くポジティブ(かしこい?など)とネガティブ(弱虫?など)な質問に幼児が肯定バイアスを示すか調べた。その結果、3歳児は肯定バイアスを示し、5歳児は否定バイアス(「いいえ」と答えることが多い傾向)を示すことが分かった。今後は、対面の大人が同様の質問をした際の幼児の回答傾向について検討する必要がある。 また、前年度に得られたロボットに対する性別バイアス(男の子バイアス)について、色の効果についても検討した。これは元々はロボットを集団内の他者とする場合に、参加児と同じ性別であるという条件を用いるために予備的に行った研究であった。しかし前年度の研究より、5歳ごろからロボットは男の子であるという男の子バイアスが見られることが明らかになったため、この条件は集団内の他者としては用いないこととした。しかしロボットに対する男の子バイアスは興味深い現象であるため、この研究を発展させ、色と性別の情報が関連しているか調べた。ピンクと青の物体(たとえばロボットや車)に対して特定の性別が付与されるか調べたところ、ロボットや車がピンクである場合、男の子バイアスは消失した。しかし、女の子バイアスには転じないことも分かってきた。この研究については、引き続き継続予定である。 本年度は、新型コロナウイルスの影響で、対面で幼児の研究を行うことに対して慎重にならざるを得ない。オンラインで刺激を提示するなど、実験手法を再考する必要があるだろう。 Reason:当初の研究計画では、集団内の他者と集団外の他者(人間 VS. ロボット)を比較する予定であったが、昨年度に行った研究では、ロボットに対する子どもの態度が予測していたものとは異なることがわかった。幼児期におけるロボット認識に関する研究はまだ多く実施されておらず、研究計画時に子どもの反応を予測することは難しかった。 一方で、ヒト型ロボットは、今後、子どもの教育や養育に用いられる可能性が高く、幼児のロボット認識については、今後も様々な方面からの研究が必要である。そこで今年度は、、集団内外の設定にこだわらず、ロボットが自分自身のポジティブな側面とネガティブな側面について、3歳児と5歳児が気遣いを示すか調べた。また、当初は予定していないかったロボットに対する男の子バイスについても、発展的な研究も行った。 こうした研究を通し、今後は、たとえばロボットに対する親近感を高めた後に、ロボットに対する気遣いが変わるかなど、子どもががロボットに対してどのようなシチュエーションで親近感を抱きやすくなるのかについて調べる必要性も新たに出てきた。 当初の計画とはと少し研究内容が異なるが、本研究を通し、幼児におけるロボット認識は徐々に明らかになってきており、研究は概ね順調に進展しているといえる。;
    ...
  • 8.
    资助金额:3510000.00日元
    本研究の目的は、アルコール依存症者における妊娠期間中の飲酒行動や飲酒欲求の変化を調査し、飲酒欲求が消失する時期や要因を明らかにし、アルコール依存症の新たな治療法を確立するための基礎的なデータを得る事である。 初年度は女性のアルコール依存症患者に対して妊娠前や妊娠中、出産後の飲酒量や飲酒欲求、胎児への影響の知識の有無、その他妊娠期間中に生じた身体的、精神的変化等について聞き取り調査を行うためのアンケート作成を行った。しかしながら、新型コロナウィルス蔓延のため、新規患者の受け入れや治療プログラム、心理検査等の制限などにより、研究協力者を確保が不十分であった。 本研究の目的は、妊娠による身体的、精神的、生物学的変化が飲酒欲求に与える影響を解析し、新たなアルコール依存症の治療法を確立することである。アルコール依存症は強い渇望により飲酒を繰り返してしまうことが特徴であり、特に、妊娠期間中の飲酒は胎児への影響が著しく、胎児性アルコールスペクトラム障害(Fetal Alcohol Spectrum Disorders:FASD)が誘発される。通常、アルコール依存症の治療には認知行動療法や集団精神療法などにより、自身の飲酒行動を振り返り、アルコールの無い生活を送る訓練をしていくのが一般的な治療法であるが、妊婦はアルコール依存症の場合でも、妊婦期間中は断酒を継続できているケースが認められ、「妊娠」の飲酒欲求低下効果が推察される。 この妊娠期間中に飲酒欲求が無くなる時期と母体に生じる生理的変化との関連を明確し、臨床に応用することが出来れば、アルコール依存症患者の治療に大きな貢献ができるものと考えられる。 その為には、まず妊娠期間中の飲酒行動や飲酒欲求を明らかにする必要があるため、初年度は女性のアルコール依存症患者に対して妊娠前や妊娠中、出産後の飲酒量や飲酒欲求、胎児への影響の知識の有無、その他妊娠期間中に生じた身体的、精神的変化等について聞き取り調査を行うためのアンケート作成を行った。その結果を基に、飲酒欲求や飲酒行動の変化が生じる時期と、その時期に起こる身体的、精神的、生理学的変化との関連性を分析し、飲酒欲求へ影響を与えうる要因を検討を行う。 女性のアルコール依存症患者に対する妊娠前や妊娠中、出産後の飲酒量や飲酒欲求、胎児への影響の知識の有無、その他妊娠期間中に生じた身体的、精神的変化等についてのアンケートや聞き取り調査を継続しつつ、妊娠中の飲酒欲求や行動を解析するため、Goldsteinの方法を用い、ラットに、アルコール蒸気(120mg ethanol/10L/min)を8日間連続で吸入させてアルコール依存症モデルラットを作成する。その後、妊娠群と非妊娠群に分けて妊娠前と妊娠後のアルコールの摂取量や飲酒行動の変化を検討するとともに、出産後にはリトリービング行動やリッキング行動の正確性や出現頻度の比較検討を行う。また、非アルコール依存症群として生理食塩水にて同様の処置を施したラットを使用し、妊娠群、非妊娠群との比較検討を行う予定である。 Reason:本研究の目的は、アルコール依存症者における妊娠期間中の飲酒行動や飲酒欲求の変化を調査し、飲酒欲求が消失する時期や要因を明らかにし、アルコール依存症の新たな治療法を確立するための基礎的なデータを得る事である。 初年度は女性のアルコール依存症患者に対して妊娠前や妊娠中、出産後の飲酒量や飲酒欲求、胎児への影響の知識の有無、その他妊娠期間中に生じた身体的、精神的変化等について聞き取り調査を行うためのアンケート作成を行った。しかしながら、新型コロナウィルス蔓延のため、新規患者の受け入れや治療プログラム、心理検査等の制限などにより、研究協力者を確保が不十分であった。;Outline of Research at the Start:本研究の目的は、妊娠による身体的、精神的、生物学的変化が飲酒欲求に与える影響を解析し、新たなアルコール依存症の治療法を確立することである。妊娠中の飲酒は胎児への影響が著しく、胎児性アルコールスペクトラム障害(FASD)が誘発されるが、アルコール依存症者でも妊婦中は断酒ができる者もおり、「妊娠」の飲酒欲求低減効果が推察される。本研究では妊娠中の飲酒欲求の変化を調査するとともに、アルコール依存症モデル動物を作成し、妊娠前後の飲酒行動やEstrogen、Progesterone投与後の行動分析を行う。本研究により飲酒欲求軽減の機序を解析し、新規治療薬開発や臨床応用を目指すための基礎的な研究とする。;
    ...